在宅勤務を導入サポート、クラウドサービス(google appsやzohoその他)の導入サポート、毎朝1時間だけの入力など必要な時に人材がほしい企業様のサポートならオフィスエムへ

株式会社オフィスエム

営業時間 : 10:00〜18:00
定休日 : 土・日、祝祭日

販売促進、マーケティング、データ入力、データベース、アウトソーシング 実績多数!

TEL:03-5641-7673

東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア イーストタワー4階

お問い合わせ・お見積り
オフィスエム

お客様の声

楽天ビジネスランキング1位獲得!

楽天ビジネスランキングで、6/24/-7/8までの商談獲得でお客様評価と商談獲得がクリエイター部門でオフィスエムが第一位になっておりました。
楽天ビジネスランキング1位獲得!l
【楽天ビジネスランキング】 http://business.rakuten.co.jp/

事務局代行 (ビジネス交流会様)

業務内容
賀詞交歓会事務局代行。往復ハガキで、賀詞交歓会の案内状を作成し、期日までに印刷、発送する事務局代行業務。ハガキに記載されたい内容を確認し、レイアウト、会場地図の制作を行なう。
お客様の声
今までは幹事が自分で案内状の作成をしていましたが、年末という事もあり、なかなか時間もとれず、オフィスエムさんへ依頼しました。こちらからはExcelの会員リストと、挨拶文、会場、日程などをお伝えしただけで、レイアウトや印刷、投函まで全てお願いできて、大変助かりました。レイアウトも何案か出して頂けたのが有り難かったです。今後も機会があればぜひお願いしたいと思っています。
オフィスエムの事務局代行
セミナー、講習会、研修会、会議等の開催実施は、事前の準備だけでなく当日の受付等、何かと忙しく、パワーとノウハウが必要です。弊社では実施準備から終了後の集計まで責任を持って事務局を代行いたします。各種キャンペーンや資料送付等の準備など、色々な場面でご利用頂けます。人数の少ない団体様からご利用頂ける料金設定です。

スキャニング業務(オフィスゼロ 美崎様)

業務内容
開始から4年目に入るスキャニング業務。お預かりする素材(雑誌、書籍、ポスター等々)を、スキャンニングチームが、1点ずつスキャンを行なっております。大プロジェクトは現在も進行中です!
お客様の声
2000年ごろから、世界でも類を見ない大規模なデジタルデータアーカイヴシステムである、「記憶する住宅」プロジェクトを開始した。
これは、過去に見たすべてのものを、デジタルアーカイヴし、実体である住宅と相互に関連づけ、記憶を補強するシステムの構築をめざしたものである。
蓄積したデータは、「記憶する住宅」内部の無数のディスプレイで常時スライドショウを行い、任意のデータを任意の位置から自由にとり出せるようにしている。この結果、過去の任意の地点に自由に戻ることができ、すべての過去をあたかもリアルな現実として受けとることができるようになった。
このような大規模なデジタルアーカイヴを行っている例は、アメリカナショナルミュージアムなど公共的な機関をのぞけばほとんどなく、その成果がどのような影響をもたらすのか、ということに関するリアルな知見は、まったく存在しなかった。そこで、オフィスエム様により大規模デジタルアーカイヴ作業を継続的に行ってきた。
すでにスタートから4年目に入り、蓄積した総画像数は55万件にのぼる。これだけの規模のデジタルデータを蓄積した例は、国内外でも稀で、それを実際に日常的に運用している例となると、ほぼ皆無であろう。
アーカイヴの作業には、たいへん地道なデジタルスキャニングの作業が不可欠であり、オフィスエム様による継続的な研究と作業なくしては、「記憶する住宅」は成り立たない。
スキャニングはスキャン、ファイリング、納品、チェックという流れができ、月平均2万枚を行っている。作業者によるさまざまな工夫が積み重ねられた結果、「単にスキャンする」だけで、これだけのノウハウがあるだろうか、ということを実感する日々である。たかがスキャン作業と侮ることなかれ。どんな作業にも心遣いは必要であり、心遣いを感じさせるスキャンの成果を確認することが、どれほど気持ちをほっとさせるか。
たとえば、水平がきちんと出ているということ。たったそれだけのことを実現することで、どれほど気持ちよくアーカイヴを見ることができるか、ということは、実際に55万枚を見てみればすぐにわかる。
いや、水平が出ていないアーカイヴを連続して見ると、微妙な揺れであたかも酔ったような感覚になってしまうのであって「水平を出すこと」が、きわめて重要なのだ、ということを、アーカイヴをしていくなかで、重要な価値として見いだしていったのである。
色の調整、見開きの処理、スキャンの余白のサイズ、ファイル名のつけ方など、工夫すべき点は無数にあり、それらの工夫の総体が、55万枚となって、世界最高規模の記憶へと結実している。
今後、一生のあいだに見たすべてのものを蓄積していく予定でこれにより、ひとの生涯記憶の全貌を明らかにすることを可能にするだろう。
引き続き、オフィスエム様のご尽力に期待したい。 美崎薫