マニュアル本制作実績 ライティング・コピーライト関連

マニュアル本制作実績

投稿日:2015年4月7日 更新日:

大手コンサルティング会社様
【大手コンサルティング会社様が企画された、住宅会社のための顧客対応マニュアルを制作】

大手コンサルティング会社様が企画された、住宅会社のための顧客対応マニュアルを制作しました。住宅関連の展示会で、訪れる一般の方々に対して住宅会社のスタッフ様がどのように対応するかを、わかりやすい図解やイラストを交えて解説しています。現場ですぐ活用できるよう、短い章立てでシーン別の説明を積み重ねる内容としました。

9_ライティング・コピーライト関連
【大手コンサルティング会社様が企画された家作りに関する小冊子5種のライティング】

大手コンサルティング会社様が企画された、顧客である工務店の店頭に置いて配布する小冊子5種で、弊社にライティングをご依頼いただきました。店頭を訪れる一般の方向けに、家作りについて、段取り・資金・土地探しなどテーマ別に解説した、それぞれ40ページほどの冊子です。初めて、一から家作りに取り組む方のため、正しい知識をわかりやすくていねいに書いています。
=============納品例=============
○長く安心して住みたい 家は一生の買い物であり、家族が長い時間を過ごす場です。もしそれが重大な欠陥がある欠陥住宅だったら、家族の健康や生活を脅かすのみならず、家の資産価値を著しく損なってしまいます。
「自分の家は大丈夫だろうか?」という不安を感じながら生活するのは辛いですね。
そこで、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)という法律が制定されています。
この法律は、住宅の性能を等級で評価する「住宅性能表示制度」、基礎・柱・壁・屋根などの基本構造部分に瑕疵(欠陥)があった場合、10年以内なら無料で補修を受けられる「瑕疵担保期間10年間の義務づけ」、そして「住宅紛争処理体制の整備」の3本の柱で成り立っています。
たとえば10年以内に住宅に欠陥が見つかったとしても、補修の義務を負う住宅会社が倒産してしまったら、消費者は法律で定められた品質確保を保証されないことになります。そこで、住宅保証機構が運営する住宅性能保証制度に加入している会社なら、たとえ倒産しても、機構が10年の保証を引き継いでくれます。「住宅紛争処理体制の整備」とは、このような仕組みを指しています。
=============================

9_ライティング・コピーライト関連
【ガス会社様の既存のパンフレットに訂正を加えて再発行、増刷】

ガス会社様の既存のパンフレット(当初から弊社で制作したものです)の内容に一部訂正を加え、再度紙面全体を仕上げ、増刷いたしました。お客様の所在地や電話番号、中のテキストなどに細かい訂正が入っており、再度ライティングおよび校正を行った上でデザイン全体も調整しています。

-マニュアル本制作実績, ライティング・コピーライト関連

関連記事

メールマガジン作成実績

【不動産会社様の登録会員向けメールマガジンを執筆】 不動産会社様が配信されている、高級マンションシリーズの会員向けメールマガジンを執筆しています。お客様の商品のアピールにとどまらず、読む人の生活の中で ...

大手経済紙出版社様の対談テープ起こし

大手経済紙出版社様の雑誌掲載記事企画で対談があり、その録音から記事文章を作成しました。これまでにも何度も依頼していただいており、そのクオリティの高さや、そのまま雑誌記事原稿として利用できることを評価し ...

インタビュー執筆実績

【出版社様の自分史インタビュー執筆】 出版社様の自分史を書籍化するサービスで、ご希望するお客様の職場やご自宅にお伺いし、執筆を行います。ただ決められたことを質問するのと違い、お客様が話しやすい雰囲気づ ...

テープ起こし実績

【不動産関連会社様のセミナーを映像からテキストに起こす作業】 不動産会社様が関係者を集めて開催された、住宅設備に関係する4時間ほどのセミナーのDVD映像から、その内容をテキストに起こしました。時間が長 ...

テープ起こし実績

【大手IT企業様が関係される講演会の映像DVDからテキストを起こす作業】 大手IT企業様が関係された講演会の映像DVDをお預かりし、その内容をテキストに起こす作業を行いました。人柄やニュアンスをそのま ...