国境や時間にとらわれず自由に働きたい人のブログ

がんと共に働く選択肢~がん患者でも仕事を続けられる職場の可能性とは

投稿日:2024年2月27日 更新日:

〓■〓■〓■〓■〓■ーオフィスエムより皆様へー■〓■〓■〓■〓■

コロナ禍で大きく変わったものの一つに、オフィスや公共機関でのIT利用の推進や、
リモートワークの普及が挙げられると思います。働き方の多様性の実現は、病気を抱
えている方、通勤やオフィスでの勤務が難しい方にとっても、大きな「希望」につな
がったのではないでしょうか。

例えばがんで闘病生活を送っている方、あるいはがんサバイバーの方などで、オフィ
スに毎日出勤するのは難しいという方々がいらっしゃいます。

我が国ではがんは2人に1人がかかると言われており、決して稀な病気ではありません。
また、治療法にも年々進歩が見られ、5年生存率(全部位)は68.9%(※)に達して
いるそうです。つまり、がんは「何年もつきあっていく病気」になってきたと言える
でしょう。

※2021年に国立がんセンターが発表したデータより
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2021/1110/index.html

がん患者さんの中には、治療が功を奏して、日常生活を取り戻す方も多くいらっしゃ
います。そんな方が「働きたい」「社会とつながっていたい」と思ったとき、治療を
継続しながら働ける環境はどの程度用意されているのでしょうか。

企業によっては、「社員のがん治療をサポートしていこう」と、積極的に取り組んで
いるところもあるようです。特に大企業や医療系の会社では、理解や対応が進んでい
るところも多いのですが、やはり「支援には限界がある」と感じる企業も多いでしょ
う。

しかし、長年勤めてきた社員や、業務に精通している人材を、「がんになったから」
という理由で手放してしまうのは、企業にとっても大きな損失だと思います。

闘病中の方を雇用する場合、企業としてもサポート体制を整える必要があります。例
えば以下のように働き方の選択肢を増やすとともに、職場の中での理解を促すことが
大切です。

・時短勤務やシフト勤務、在宅勤務を取り入れ、治療と仕事の両立をしやすくする
・休職・復職時の扱いや、支援システムをきちんと決めて明文化する
・社員への教育を行い、闘病者に対して過剰な気遣いをせず、自然に受け入れる雰囲気をつくる

また、福利厚生の一環として、有給休暇を積み立てておき、がんに罹患した際に使え
るようにする「失効年次有給休暇積立制度」の活用も考えてみてはいかがでしょうか。

海外に目を向けてみると、特に欧米では「がんになったら辞める」のではなく、「が
んと闘いながら働く」のが、日本よりも自然な流れになっているようです。がん患者
を雇用する企業へのコンサルティングを行う会社もあり、雇用主や患者本人へのサポ
ートが積極的に行われています。

Macmillan Cancer Support(イギリス)
https://www.macmillan.org.uk/cancer-information-and-support/get-help/financial-and-work/employers

Memorial Sloan Kettering Cancer Center(アメリカ)
https://www.mskcc.org/mskdirect/

実は私の知人にも、がんと闘いながら仕事を続けている方や、寛解して仕事に復帰し
た方が何人かいらっしゃいます。

彼らの働き方はさまざまで、完全に在宅での仕事に切り替えた方もいますし、体調と
相談しながら職場に通っているという方も。その方々に、仕事を続けていられる理由
を聞いてみたところ、

「通勤がきつかったので、在宅という働き方ができて嬉しい」
「どうしても勤務時間が短くなったり、治療で休んだりすることもあるので、上司や
職場の理解がありがたい」
「自分が少しでも社会の役に立てていると感じて、生きる励みになる」

とおっしゃっていました。

もちろん、そこには個人差があり、がんの種類や症状、治療内容、そして職種によっ
ても大きな違いがあるでしょう。

がんが「不治の病」ではなくなった今、患者本人はもちろん、雇用する企業の側もが
んへの認識を変え、「働きながらつきあっていく」環境を整える時期に来ているので
はないでしょうか。

※参考サイト
最新がん統計
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
厚生労働省:疾患を抱える従業員(がん患者など)の就業継続
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/teichakushien/patient.html
がんになっても安心して働ける職場づくりガイドブック
https://ganjoho.jp/public/qa_links/brochure/pdf/guidebook_sm.pdf


■〓■〓■〓■〓■なんと新しいシェアハウスはじめました■〓■〓■〓■〓

ステイセーフ西片は「かっこよく生きたい大人女子向けのシェアハウス」です。
女性でも夢をもち、自分で決断をし、自分の足で歩いていく。
どんな夢でも叶えるには自分への投資が必要です。なるべくよい環境でちょっとコスト
パフォーマンスの高い、女性のための住環境があればいいなと考えました。

ステイセーフ西片の場所は文京区。昨年リノベしたばかりで、全体的に白く美しい
部屋のシェアハウスが完成しました。文教地区らしく学校や緑が多く、東京大学の
近くでとても静かです。また文京区は安全性も23区で上位に入るエリアで、安心で
安全な環境で、じっくりと自分を見つめることができます。

▼ステイセーフ西片
https://www.officem.jp/%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9/7321/

▼インスタグラムをお使いの方、ぜひフォロー、または「いいね!」をお願いします

【オフィスエム直営女性専用シェアハウス「ステイセーフ西片」】
https://www.instagram.com/stay_safe_nishikata/

女性専用シェアハウス「ステイセーフ西片」の公式動画配信はじめました!

TikTokアカウント @stay_safe_nishikata(WEBからは以下で)
https://www.tiktok.com/@stay_safe_nishikata

※Instagramでも配信しています。


お問い合わせフォーム:https://www.officem.jp/contact/

お問い合わせメールアドレス:mitsumori@officem.jp


■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

~人手不足解消に「人材のサブスク」してみませんか~

経理でもITでもデザインでも、必要な業務を時期と量に合わせてすぐに依頼でき、
採用にかかる経費も不要。業務に応じて在宅スタッフをチーム編成します。


進行管理のスタッフがお客様とチームをお繋ぎしますので、個別にやりとりいただく
必要はありません!

費用は月額3万円からです。


ご相談は、以下のいずれかにてお願いいたします。

お問い合わせフォーム:https://www.officem.jp/contact/

お問い合わせメールアドレス:mitsumori@officem.jp

-国境や時間にとらわれず自由に働きたい人のブログ

関連記事

フリーランスの抱える不安や課題を皆で議論する「フリーランスサミット2023」が開催されました

オフィスエム会員のみなさまこんにちは コロナ禍で、非対面で買い物ができる自動販売機の需要が伸びています。最近で は、飲み物以外のものを売る「ユニーク自販機」もよく見かけます。肉やかばん から金塊・水晶 ...

健康であるためには社会との関わり方が大切なようです。

オフィスエム会員のみなさま、こんにちは。 1947年に採択されたWHO憲章では、前文において「健康」を次のように定義しています。 「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも ...

コロナと戦う飲食店経営者が語る

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■ーオフィスエムより皆様へー■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■ <AfterコロナからWithコロナへ。生き残りをかけて戦う。>  緊急事態宣言終了後も新型コロ ...

成功するフリーランスは自分の強みを知っています

オフィスエム会員のみなさま、こんにちは。 今年で竣工50年を迎えた中銀カプセルタワービルの解体が始まりました。一度見 たら忘れられない140のカプセルで構成されたメタボリズムの名建築ですが、老 朽化や ...

あなたの情報発信、必要としている人に届けられていますか?

オフィスエム会員のみなさま、こんにちは。 今年の冬は新型コロナと大寒波でいつもの冬より一層寒さが身に沁みますね。 冬になるとよく歌われるのに、近頃まったく見られなくなった風物詩に焚き火があります。 「 ...