国境や時間にとらわれず自由に働きたい人のブログ

オーストラリアの副業事情

投稿日:2019年9月2日 更新日:

いろいろな国の働き方を知りたい

暑さ寒さも彼岸までという慣用句のように、暑さもまもなく和らいでいきます ね。9月後半からは、いよいよラグビーワールドカップが始まります。世界中 からラグビーファンが日本にドッと押し寄せるでしょうね。

ラグビーと言えば、有名なのがオーストラリア。この国に弊社の在宅スタッフ が住んでいます。オーストラリア以外にも、モンゴルや中国など、日本から 移住した人や、現地で日本語を習得した人などいろいろネットワークは 広がっています。

各国の働き方事情は、日本と違うことも多々あるので、これから時折 現地の状況をお伝えしたいと思います。

今回はオーストラリアの副業事情についてです。
オーストラリアでは副業禁止という制約はなく、自由に働けるそう。
基本的に残業がないため、通常の勤務が終わった後、次の仕 事に繰り出します。そして、土日はしっかり遊ぶというスタイルがオーストラ リア人。彼らは週末でも家族旅行に出かけたり、海外旅行ではとりわけ富裕層 ではない人でもビジネスクラスで行くくらいなので、平日にたくさん働くそう です。

PR
■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ー人手不足企業様へー
在宅スタッフやチーム導入定額プランご案内


《このような企業様に良いご提案です。》
★スタートアップで人の雇用に時間がさけない企業
★IT・旅行・出版等、季節や時期で必要な人数が変動する企業
★急に担当者が辞めた、あるいは継続しない

上記はほんの一例ですので、
それ以外でも「これは無理かな」「こんなことしてほしい」と思うことも、
まずはお気軽にお問い合わせいただけると嬉しいです。

ご相談は、以下のいずかれにてお願いいたします。
お問い合わせフォーム:https://www.officem.jp/contact/

お問い合わせメールアドレス:mitsumori@officem.jp

PR
■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

国際生活文化工芸協会のご案内

国際生活文化工芸協会は、質の高い和文化プロデューサーを生み出し、その活動を支援することを目的としております。

茶道や華道、着物、日本舞踊、和歌や盆栽など多様なや幹をひろげ、現在の日本文化は構成されています。
毎年海外の外国人の流入は増えている一方で、日本のことを私達日本人はどれだけ知っているでしょうか。
まず「知って、触れて、楽しんでみる」ことをはじめるキッカケづくりが国際生活文化工芸協会の役割です。
そして、日本人と増え続ける外国人のハブになりたいと思っています。

-国境や時間にとらわれず自由に働きたい人のブログ

関連記事

フリーランスはワーケーションに向いているって本当?

┏━━┓ ┃ 1.南の島でワーケーションしてみました ┗━━┛ アフターコロナの時代の「新しい働き方」の中で、もっとも魅力的な言葉「ワー ケーション」 観光地や豊かな自然のなかで休暇を楽しみながら仕事 ...

「人生百年時代」を生き抜くフリーランス

┏━━┓ ┃ 1 フリーランスとしていつまで働きたいですか ┗━━┛ フリーランスとして何歳まで仕事をしていきたいと思いますか。 フリーランスには定年はありません。いつまで仕事を続けるかは自分で決める ...

ひとり仕事のフリーランスでもつながりは大切に

オフィスエム会員のみなさま、こんにちは。 お昼はお弁当を作るという方も多いようですが、最近のお弁当事情はどうなっているのでしょう。一時期、キャラ弁ブームで見るも美しいお弁当がインスタなどにアップされて ...

フリーランスだからこそ真剣に考えたい、福利厚生や支援制度について

オフィスエム会員のみなさまこんにちは 早いもので、今年ももうすぐ終わろうとしています。ようやく新型コロナの影響を脱し、以前のような年の瀬の賑わいが街に戻って来ましたね。 師走に入り、いつもより慌ただし ...

仕事と育児に悩むフリーランス世代へ、行政支援活用術。

オフィスエム会員のみなさま、こんにちは。 新型コロナ感染拡大の中で、疫病除けの妖怪「アマビエ」が話題となっていますが、沖縄には昔から「石敢當」という魔よけの石碑があります。 沖縄を旅した方は、道の曲が ...